焼酎メーカーが教える!焼酎の炭酸割り、金ハイが今オススメ!

いま、焼酎のソーダ割りにハマってます!
居酒屋にあるサワーやチューハイとはぜんぜん違いますよー。あれも一応、焼酎+炭酸なんだけど、使われてるのは原料の風味がなくなるほど蒸留してある「甲類焼酎」という焼酎で、果汁や糖分を加えて飲まれるのがほとんどです。

でも、ここでいってる焼酎は、原材料の風味が残ってる「本格焼酎」の方。ロックや水割り、お湯割りで飲むのが一般的で、ちょっとオヤジ系なイメージがあるけど、 でもね、これをソーダで割ると新しいのです!

先日、サーファー仲間の家でバーベキューやったときのこと。無国籍料理店で働いてるやつがいて、そいつが「これ、うまいよ」って作ってくれたんです。『田苑 金ラベル』のソーダ割。店では「金ハイ」って呼んでるんだとか。

シュワーっと炭酸が利いてて、バーベキューの肉とかソーセージに合う合う。チューハイみたいに甘くないし、どっちかというとハイボールに近い感じだけど、ウイスキーの匂いはないし、めっちゃ飲みやすいのです。

もともとが薄めの黄金色だけど、割るとスパークリングワインのようなシャンパンゴールドになって、なかなかオシャンでもあります。チューハイでもハイボールでもなく、これは新しい飲り方だと思う。友だちが集まってホームパーティーとかやるときには、ぜひ!

 

おいしい「金ハイ」の作り方

『田苑 金ラベル』は、オーク樽で熟成させて、長期貯蔵した麦焼酎。ソーダで割ると、麦と樽の香りがシュワーッとはじけて、爽快感いっぱいのおいしさです。

グラスに氷をたっぷり入れる。→田苑 金ラベルと炭酸水を1:3の割合で注ぐ。→マドラーなどで1回かき混ぜて、できあがり。 ※レモンやライムを搾ると、いっそう爽快です。

 

焼酎ソーダ割り