フレンチ料理人に聞く!エンヴェレシーダに合うカンタン料理レシピ3選

柑橘類の香りと樽貯蔵のまろやかさが特徴のエンヴェレシーダは、食中酒にもぴったり。フレンチレストラン「NARITA YUTAKA」の料理人・上田さんと江戸さんに、自宅でも簡単にできる料理レシピをご紹介してもらいました。

 

 

まろやかピリリ「ブルーチーズのポテトサラダ」

【材料】(2〜3人前)
ジャガイモ(男爵)・・・・・2個
タマネギ・・・・・・・・・・1/2個
ベーコンスライス・・・・・・3枚
ブルーチーズ・・・・・・・・15g
マスタード・・・・・・・・・15g
マヨネーズ・・・・・・・・・40g
白ワインビネガー・・・・・・12cc
グラニュー糖・・・・・・・・3g
塩、コショウ・・・・・・・・適量

 

【手順】
1.鍋に水をはって冷たい状態から、ジャガイモを皮ごと入れ、中火で30分茹でて、串がすっと通るくらいになったら取り上げる。ブルーチーズを常温に戻しておく。

2.スライスしたタマネギにひとつまみの塩(分量外)で揉んで、しんなりさせる。

3.ベーコンを3cm幅に切り、フライパンの中火でカリカリに香ばしく焼く。

4.熱々のジャガイモの皮を剥き、粗くつぶす。ボウルで白ワインビネガー、グラニュー糖、塩コショウを混ぜ合わせ、つぶしたジャガイモにまわし入れてよく混ぜ合わせる。

5.4の粗熱が取れたら、タマネギ、ベーコン、ブルーチーズ、マスタード、マヨネーズを加えてよく混ぜ合わせる。

 

料理のポイント
芋焼酎とジャガイモは同じ芋同士で相性のいい組み合わせです。エンヴェレシーダの樽香が、ベーコンのスモーキーさやブルーチーズのまろやかさともマッチします。

 

 

エビの出汁が合う「ブイヤベース風おでん」

【材料】(2〜3人前)
市販のおでんセット・・・・・・・・・・・・1セット
(出汁がセットになっているもの。コンビニのおでんでも可)
市販のブイヤベースの素・・・・・・・・・・適量(味が濃くなりすぎない程度)
クルマエビまたはブラックタイガー・・・・・3尾(皮をむく)
市販のアイオリソース・・・・・・・・・・・大さじ1
薄切りのバゲット・・・・・・・・・・・・・4〜6切(トースターで焼く)
万能ネギ・・・・・・・・・・・・・・・・・お好みで

 

【手順】
1.鍋におでんセットの出し汁を入れ、そこにブイヤベースの素を少量ずつ入れ好みの味に調整する。濃くなりすぎたら水(分量外)で調整し、中火で温める。ボコボコ沸騰してしまうと風味が飛んでしまうので、その直前で火を止める。

2.①におでんの具材とエビを入れて中火で沸かしすぎないように温める。具材に火が通ったら皿に盛り付け、お好みで刻んだ万能ネギを散らす。

3.バゲットとアイオリソースを添えて完成。アイオリソースはバケットに塗っても良い。

 

料理のポイント
おでんにエビの出汁が利いたブイヤベース風にした料理。樽の香りが利いたものは、エビと相性がいいので、エンヴェレシーダにもマッチ。アイオリソースを加えて、途中で味を変えるのもおすすめです。

 

 

フレンチのトリッパ「モツのリヨン風」

【材料】(2〜3人前)
味付けモツ(みそ)・・・・・・・・・1パック(140g)
タマネギ・・・・・・・・・・・・・・1/4個
ジャガイモ・・・・・・・・・・・・・30g
芽キャベツ・・・・・・・・・・・・・3個
ミニトマト・・・・・・・・・・・・・3個
ハチミツ・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
ローズマリー・・・・・・・・・・・・1/3本
シェリービネガー(なければ酢)・・・小さじ1と1/2
塩、コショウ・・・・・・・・・・・・適量
オリーブオイル・・・・・・・・・・・大さじ1と1/2

 

【手順】
1.タマネギは繊維に沿って2mmにスライスし、ジャガイモは6mmにスライスしてから電子レンジで火を通す。芽キャベツとミニトマトは半分にカットしておく。

2.熱したフライパンにオリーブオイル大さじ1をひき、①のタマネギとハチミツを入れ、中火であめ色に炒める。

3.②を取り出し、大さじ1/2のオリーブオイルを入れ、味付けモツを中火で焼き色がつくまで炒める。

4.③にタマネギ、ローズマリー、ジャガイモ、芽キャベツ、ミニトマトを加え、炒め和える。

5.塩コショウで味を整え、シェリービネガーをまわし入れて完成。

 

料理のポイント
フランスのリヨンの郷土料理を味噌風味でアレンジしたレシピ。エンヴェレシーダの樽香とモツの焦げた風味がよく合います。ソーダ割りにレモンを絞ってさっぱりといただくのがおすすめです。

 

 

「落ち葉のミルフィーユ焚き火風煎り番茶のアイス」

最後に紹介するのは、今回レシピを教えてもらったNARITA YUTAKAのデザート。コース料理の締めとして、エンヴェレシーダがペアリングとして提供されています。

 

こちらのメニューは、ミルフィーユ=「1000枚の葉」をイメージして作られた秋のデザート。落ち葉を連想させるパイ生地とサツマイモチップの下には、追熟させた柿とトンカ豆風味のホワイトチョコレートのムースが隠れています。上にのったスモーキーな香りの炒り番茶のアイスと一緒にいただくそう。

 

サツマイモと芋焼酎は最高の組み合わせ。香ばしさのあるデザートとエンヴェレシーダの相性も抜群です。レストランでエンヴェレシーダのマリアージュを楽しみたい人は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

 


<取材協力店舗>
cuisine francaise NARITA YUTAKA
東京都目黒区中目黒1-10-23 リバーサイドテラス103
03-5734-1214
ランチ:木〜日 11:30〜15:00(13:00 LO)
ディナー:火〜日 18:00〜24:00(21:00 LO)
定休日:月、第1第3火
http://narita-yutaka.com