【エンヴェレシーダ×ツヴィーゼル】グラスとの出会いによるエンヴェレシーダの新しい味わい

「田苑 エンヴェレシーダ」は、柑橘類の香りと3年貯蔵・樽貯蔵によるまろやかさがマッチした芋焼酎。今回は、エンヴェレシーダにぴったりのグラスを求めて、ツヴィーゼル・ブティックを訪れました。グラスによってどのように味わいが引き立つのでしょうか?

 

エンヴェレシーダにぴったりのグラスを検証!

エンヴェレシーダは樽焼酎に最適な芋焼酎として開発されていて、全量3年貯蔵して造られています。原料とオーク樽に由来する柑橘類と甘い樽の香りがまろやかに調和。後味に残る深い余韻も心地よい味わいがあります。

 

これまでに類をみない新しい風味を持つエンヴェレシーダならば、グラスを変えれば、さらに新しい味わいに出会えるはず。そこで訪れたのは、東京・代官山にあるツヴィーゼルブティック。ドイツにあるクリスタルガラスの老舗メーカー直営店です。今回は、スタッフの方に検証していただき、飲み方別にグラスをご提案いただきました。

 

ロックは、揺れるタンブラーで変化を楽しむ

氷を浮かべてロックでエンヴェレシーダを飲むときにおすすめなのが、「PARTYダンシングタンブラー」です。こちらはどんなグラスなのでしょうか?

 

「底面がカーブしているので、中に注いだ液体が注ぐたびに揺れるグラスです。名前のとおり、ダンスしているような動きが目で楽しめます。とはいえ、決してテーブルの上で倒れることのないように設計されているんです。普段使いはもちろん、友人同士で集まるパーティーでもお使いいただけます」

 

焼酎を注ぐときには、視覚的な楽しみがありそうですね。こちらでエンヴェレシーダをロックで飲むと、どんな味わいになるかを教えてもらいました。

 

「ロックの場合、温度が低いせいか、通常のロックグラスだとエンヴェレシーダのフルーティーな甘い香りや熟成感が感じにくくなりがちです。しかし、PARTYダンシングタンブラーなら、適度に膨らんだボウルと口元が少し狭まっている形状により、香りをしっかりと感じることができました。グラス底部が丸まっているため、グラスをしっかり持ってカラカラ回さなくても、軽く揺するだけで香りが広がり、時間とともにコクとまろやかさの変化を楽しむことができます」

 

確かにロックは氷が溶けて温度が低くなりすぎるのがむずかしい飲み方。揺れるグラスなら、風味がしっかり味わえそうです。最後に、おすすめのシーンとマリアージュは?

 

「ロックなので食事と一緒というより、食後のお楽しみにいただくのが良いと思います。パルミジャーノなどのハード系のチーズと相性が良さそうです」

 

 

ストレートなら、ウィスキーライクに味わえるグラスで

エンヴェレシーダは、本格的な味わいをストレートで楽しむのもおすすめ。ツヴィーゼルからのご提案は、「10GRAD オールドファッション」です。

 

「こちらはグラスに10度の傾きを持たせたユニークなシェイプのタンブラーです。登山鉄道で使われているタンブラーをインスパイヤーしてデザインしています。傾きと共にグラスの底面を波立たせることで、列車に揺られているかのような陰影が飲み物に映るのもおもしろいですよ」

 

先ほどのグラスもさることながら、こちらもユニークなフォルム。こちらでストレートのエンヴェレシーダを飲むべき理由は?

 

「エンヴェレシーダは、芋焼酎独特のクセのある香りがなく、とても飲みやすい印象でした。ただ、ストレートで飲む場合は、口元が広がっているグラスだとアルコール臭を強く感じてしまうため、このグラスのような口元がストレートに立ち上がったグラスがおすすめです。一口含むと、重厚感のある味わいが口の中に広がり、鼻から抜ける甘い香りが楽しめました」

 

さらに、味わいを楽しむだけでなく、視覚でもエンヴェレシーダを感じてほしいと言います。

 

「こちらのグラスは、斜めに傾いた特徴的なデザインと、グラス底部に施された波型が特徴です。エンヴェレシーダを注ぐと、琥珀色がとても美しく反射して、より特別感が感じられると思います」

 

 

炭酸割りをフルーティにおいしくするロンググラス

柑橘類の爽やかな香りが漂うエンヴェレシーダは、すっきりと炭酸割りにするのもおすすめの飲み方。ぴったりくるのは、定番ですがロンググラスの「BASIC BAR CLASSICロングドリンク11oz」なのだそう。

 

「無駄のない計算されたフォルムは、実はドイツでもっとも有名なバーテンダーのひとり、チャールズ・シューマン氏とのコラボレーションによるもの。格子模様のカットは、あえてカットの間隔を不規則にした大人の遊び心をくすぐるデザインです。見る角度によって輝きが変化するのを楽しめます」

 

炭酸割りがおすすめとのことですが、どのような割り方にすれば良いでしょうか?

 

「クラッシュアイスを入れて炭酸で割るだけでもエンヴェレシーダのフルーティーさが感じられます。さらに、柑橘系のカットフルーツなどを入れると、より爽快感が感じられますよ。焼酎を飲みなれていない方にもおすすめできそうです。格子模様のカットにエンヴェレシーダの薄い琥珀色がキラキラ輝いて、よりおいしそうに見えました」

 

食事とのペアリングも聞いてみたところ、「串カツなど脂っこいものにぴったり」とのこと。少しこってりした食事もすっきりといただけそうですね。

 

 

エンヴェレシーダはグラスを追求することでもっとおいしくなる

今回は、ツヴィーゼルブティックのグラスで3通りの飲み方を教えていただきました。組み合わせを検証してもらったスタッフの方からはこんなコメントもありました。

 

「エンヴェレシーダは、オーク樽熟成の効果でしょうか、落ち着いてじっくり風味を深めてみたくなる味わいでした。その分、改めて酒器の重要性も感じました。焼酎には、いろいろな割り方のバリエーションがありますが、グラスを変えることでも楽しみが広がります。それによって、性別や年齢層にかかわらず、自分好みの飲み方も見つかると思います」

 

いつもロックだけ、水割りだけ、という人もぜひグラスと飲み方を変えて、エンヴェレシーダの味わいを深めてみてはいかがでしょうか?

 

<取材協力>

『ツヴィーゼル・ブティック代官山』
東京都渋谷区恵比寿西1-31-12 FLEG代官山1F
営業時間:月~金11:00~19:00、土日祝 11:00~12:30/14:00~19:00
木曜定休
ツヴィーゼル・ジャパン公式サイト
https://www.zwiesel-kristallglas.jp/

 


田苑 エンヴェレシーダ × ツヴィーゼルPARTYダンシングタンブラーのセットを
バレンタインギフトとして特別販売中です。
詳しくはこちら↓
田苑酒造オフィシャルオンラインショップ(楽天)
https://item.rakuten.co.jp/denen-shuzo/6139/