極寒のロシアで生まれた「ウォッカ」は -30℃でも凍らないってホント!?

缶チューハイの多くが、焼酎ではなくウォッカを使っていると聞いた。スーパーの酒コーナーで、いろんな缶を手に取って裏側の原料表記を確かめてみると、ホントだ。「ウォッカ」と書かれているものが最も多く、そうでなければスピリッツ。焼酎を使っていたのは、ごく一部しかなかった。

 

チューハイのチューは、焼酎のチューではなかったのか? という疑問もあるけど、そもそもウォッカって、とんでもなく強烈な酒のイメージがあるじゃないですか。それが低アルコール飲料であるチューハイの原料ってのは、どういうことなの? ということで、ウォッカについていろいろ調べてみた。

 

ウォッカは、ロシア原産の酒だとされている。ポーランドと、どっちが発祥かという裁判争いをしたことがあるが、結果的にはロシアオリジナルという主張が通った。ウォッカのスペルは「vodka」。スラブ語で水を意味する「voda」が名前の由来で、「ヴォトカ」と発音するのが現地での呼び方に近い。

 


本格焼酎と同じスピリッツ(蒸留酒)の分類だが、大麦、小麦、ライ麦、トウモロコシ、ジャガイモなどを原料に糖化・発酵させ、連続式蒸留を行う。蒸留後のアルコール度数は96度で、素材の風味はほとんどなく、ピュアなアルコールに近い。白樺の活性炭で濾過することで、さらに雑味を取り除き、水を加えてアルコール度数40度に調整して売られているのが一般的なウォッカだ。

 

40度だったらウイスキーやラムやジンなどと変わらない。強烈なイメージがあるのは、かつてロシアではウォッカはストレートで飲むのが一般的だったからだろう。冷凍室でキンキンに冷やしたウォッカをショットグラスに注いで、のどに放り込むようにして飲むのである。口で味わう酒でなく、のどごしの刺激を楽しむ酒だという人もいる。

 

厳寒期には冷凍室ではなく、わざわざ戸外で氷点下まで冷やしたものをストレートで飲む。これがロシアの飲べえたちにはたまらないらしい。外気温が-20℃になろうと-30℃になろうと凍ることはなく、トロ〜リとした口どけが楽しめる。

 

しかしこれは寒い地域で生まれた酒だからではなく、アルコール(エタノール)自体の凝固点が-114.5と低いため。酒の凍結温度はアルコール度数によって変わり、40度のウォッカだと-31℃までは凍らない。ちなみに家庭用冷蔵庫の冷凍室に、アルコール度数25度の本格焼酎を入れるとどうなるかやってみたら、シャリシャリのシャーベット状になった。「パーシャルショット」と呼ばれている。夏には爽快だ。


では、今もロシアの人はみんな酒豪で、ウォッカをストレートでくいくい飲んでいるのか。国民1人あたりのアルコール年間消費量という世界保健機関(WHO)による2016年のデータがある。
https://www.globalnote.jp/post-3958.html

 

これによると1位はクック諸島、2位〜5位はエストニア、リトアニア、チェコ、フランスとヨーロッパ諸国が続くけれど、ロシアはなんと46位なのだ。

 

特にウォッカ離れは顕著で、年配層のファンはともかく若者たちにはアルコール度数の低いビールやワインの方が人気があるようだ。2018年にロシアで開催されたサッカーワールドカップを現地で観戦した友人によると、スタジアムで販売されていた酒類はビールだけだったという。しかも、それも期間限定の特別な措置で、ふだんは酒類の販売は禁止されているのだ。

 


ロシア人=酒豪。ロシアといえばウォッカ。そんなイメージは、もはや過去のことなのだろうか。もちろん今も、ロシアには数え切れないほどの銘柄のウォッカがある。でも世界No.1の販売量を誇るウォッカは、じつはアメリカ産だ。

 

もともとはロシアのスミルノフ氏がモスクワで創業した銘柄なのだが、1917年のロシア革命の際にフランスへ亡命し、パリでウォッカ製造を再開。そこへアメリカに亡命していたロシア人が訪れ、アメリカ・カナダでの製造権と商標権を取得したというわけ。

 

アメリカ産ウォッカの原料は主にトウモロコシだ。すぐに人気が出て、アメリカは世界屈指のウォッカ消費国となっていったのだが、ここでロシアでの事情と最も異なることがある。それは、ストレートで飲むのではなく、カクテルベースとして広がったということ。クセがなくピュアなアルコールと水に近いウォッカはフルーツジュースやシロップ、ソーダとの相性がよく、カクテルベースとしてうってつけだったのである。

 


ストレートではアルコール度数40度でも、カクテルならウォッカの分量でアルコール度数が簡単に調整できる。

 

映画007シリーズに登場するジェームズボンドは、ウォッカ・マティーニなるカクテルを愛飲していた。ふつうジンベースで作るカクテルの王様マティーニをウォッカベースに変え、ステアではなくシェイクでとオーダー。ウォッカ4/5とドライ・ベルモット1/5、酒+酒のショートカクテルなのでアルコール度数は35度くらいか。ロシア式にくいっと飲むのではなく、ちびちび楽しむものだ。

 

もっともっと軽いものも簡単に作れる。ウォッカ1/8くらいにして、レモンやグレープフルーツの果汁を絞り、シロップで甘みをつけ、ソーダで満たす。こうすればあまり酒を飲みなれない女性にも、軽くて甘くておいしいアルコール飲料ができる。そう、コンビニやスーパーの冷蔵ケースに並んでいる缶チューハイがまさにそれだったのだ。