これまでのどんな芋焼酎とも違う、 樽貯蔵芋焼酎「エンヴェレシーダ」新発売!

樽芋、エンヴェレシーダ

この秋、田苑酒造から新しい芋焼酎が発売された。名前は『ENVELHECIDA』。「エンヴェレシーダ」と読み、ポルトガル語で「貯蔵」を意味する。ウイスキーなどの貯蔵に使われるのと同じオーク樽で貯蔵熟成されているのが一番の特徴だ。

 

そういえば、樽貯蔵の芋焼酎は市場であまり見ない気がする。というか見たことないかもしれない。芋焼酎本来の香味と樽貯蔵による香味は相性が難しいらしく、他メーカーも定番化はしていない。日本ではじめて樽貯蔵麦焼酎を開発した、いわば樽貯蔵のスペシャリストともいえる田苑でさえ、樽貯蔵芋焼酎の開発は難しいチャレンジだったという。

失敗に失敗を重ね、原料芋をゼロから考え直し、開発に着手してから「エンヴェレシーダ」の発売までには18年の歳月を要している。鹿児島の焼酎メーカーとして、どうしても芋焼酎だけで樽貯蔵酒を創り出したかったのだ。

 

これまでのどんな芋焼酎とも、どんな樽貯蔵酒とも違う、唯一無二の芋焼酎「エンヴェレシーダ」。樽をゆりかごに眠る長い時間の中で得た琥珀色の輝き。3年以上貯蔵した原酒だけを使用したその味わいは、まろやかで、ビターな甘みが口中に広がって、深く余韻を残す。

中身だけでなく、そのルックスもこれまでの焼酎とはぜんぜん違い、モダンで洗練されている。ラベルは芋や葉や樽をモチーフにデザインされているが、パッと見て芋焼酎とわかる人は少ないだろう。でも店頭で見つけたら、つい手を伸ばしてみたくなるし、一度見たら忘れることがない、そんなボトルだ。

 

イメージキャラクターには、俳優の浜田 学さんを起用。とても目力の強い浜田さんが、写真やスペシャルムービーでもENVELHECIDA(エンヴェレシーダ)の世界観を創り出してくれている。

 

スペシャルムービー 貯蔵という名の琥珀の芋焼酎。 樽貯蔵芋焼酎『田苑 ENVELHECIDA(エンヴェレシーダ)』。

 

貯蔵という名の琥珀の芋焼酎。
樽貯蔵芋焼酎『田苑 ENVELHECIDA(エンヴェレシーダ)』
特設サイトはこちらから >>

 

 

ENVELHECIDA(エンヴェレシーダ)ムービー メイキング画像

<撮影協力>
HAP Factory (スタジオ)
〒108-0022 東京都港区海岸3-3-18 芝浦日新ビル7F
ご予約:070-1510-5289
現地へのご連絡:03-5439-6483
ホームページはこちら >>

 

 

次回は、エンヴェレシーダを開発した杜氏・松下氏から開発秘話をお聞きします。