田苑の女性企画開発チームに新作梅酒についてインタビューしてきました! 後編

前編では田苑酒造の企画開発チームに12年ぶりの梅酒商品「とっておき梅酒♪」の開発過程やその想いについてお聞きしました。

後編は企画開発チームの女性社員の方々に梅酒のこだわった点や、イチオシポイントをいくつか教えていただきました。

 

梅へのこだわりは梅酒の美味しさと安心の証

Q. 12年ぶりの梅酒商品である「とっておき梅酒♪」が他の梅酒とは違うと思う点はございますか?

A. 梅酒という名だけあって梅の自然の味と香りにはこだわりました。それから田苑酒造が得意とする樽貯蔵を活かした樽の風味もこのお酒の特徴だと思います。

実際に味わっていただくとお分かりになると思いますが、梅の爽やかな香りと、ほどよい酸味が活かされた自然な味わいです。さらに、樽からの甘い風味が漂うすっきりとした後味にもなっています。

 

Q. 「梅の味と香りにこだわった」とは具体的にどのようなことですか?

A. 「とっておき梅酒」の大きな特徴の1つとして国産梅のみを使っている点です。もちろん、香料や着色料、酸味料は一切使用していません。

この点がお酒の美味しさだけではなく、安心して飲むことができる、そして楽しめるポイントだと思います。

%e7%94%b0%e8%8b%91%e9%85%92%e9%80%a0%e5%a5%b3%e6%80%a7%e5%86%99%e7%9c%9fy%e3%81%95%e3%82%93

梅と樽の風味で女性に美味しく飲んでいただきたい

Q. 一般的な梅酒とは違い、少しアルコール度数が高いように思えます。

A. そうですね。アルコール度数が高い点もポイントの1つです。

樽貯蔵麦焼酎ブレンドの梅酒を造るにあたって、「梅」と「樽」、それぞれの風味や特徴をとてもよく活かそうと思いました。そのためには必然的にアルコール度数の変化も大切になったのです。

梅酒は一般的にはアルコール度数が低いものが多いですが、美味しく飲んでいただける最善のブレンドの割合をとことん時間をかけた結果、27度に仕上がりました。高めの度数は梅酒では珍しいですよね?

%e7%94%b0%e8%8b%91%e9%85%92%e9%80%a0%e5%a5%b3%e6%80%a7%e5%86%99%e7%9c%9fh%e3%81%95%e3%82%93

Q. そうですね。実際にどのような方に飲んでいただきたいですか?

A. やはり女性ですかね。女性のために作られた商品でもあるので、きっとお口に合うと思います。もちろん、男性にもおすすめですよ。

ロックはもちろん、炭酸で割っても美味しくいただけると思います。ぜひ、梅と樽の風味をしっかりと味わっていただきたいです。

2016_07_13_9999_11

まとめ

「とっておき梅酒♪」への話を聞き、「女性にもっと本格焼酎を楽しんでほしい。」という思いが全てという部分が印象的でした。その言葉通りに、女性が好きな梅酒を徹底的に研究したことで梅の味と香りの良いお酒ができました。

女性社員の方々がおっしゃったように、女性だけでなく男性にもおすすめしてみるのも良いですね。

梅と樽の香りが効いた「とっておき梅酒♪」を是非味わってみてはいかがでしょうか?

 

「とっておき梅酒♪」の詳細は下記サイトをご覧ください。
http://item.rakuten.co.jp/denen-shuzo/7306/